SEOに強い記事を書く方法はシンプルです。キーワードを意識しながら、ユーザーにわかりやすい記事を書けばよいのです。では、具体的にどのようにすればよいのでしょうか。

●タイトル・見出しにキーワードを入れる
記事のタイトルや見出しにキーワードを入れることは、SEO対策で必ずといっていいほどやっておきたいことです。Googleが記事の内容を判断するうえで重視していることは、「title」「h1」「h2」といった要素です。機械であるGoogleは人間のように記事を読むのではなく、タイトルや見出しに含まれる文字を判断し、ユーザーが必要としている検索結果を提示しています。
「アフィリエイト」という言葉でユーザーに検索してもらいたいなら、記事のタイトルや見出しに「アフィリエイト」という言葉を入れるようにしましょう。そのときに、タイトルや見出しの前の方にキーワードを入れておくと、ユーザーが検索結果から見つけやすくなり、クリックされる確率が高くなります。

●誰でもわかりやすい文章
誰でもわかりやすい文章にすることで、ユーザーはサイトに長くとどまってくれる確率が高くなります。ユーザーの直帰率が高いとサイトの評価が落ちてしまうので、ユーザーがわかりやすくサイトに長くとどまることが大切です。
誰でもわかりやすい文章を書くために意識したいことは3つあります。
1つめは指示語を使わないことです。同じ言葉を繰り返さないために指示後は便利なのですが、「あれ」「それ」というと、記事を書いている人が意図するものと読んでいる人が意図するものが違ってしまうことがあります。
2つめは専門用語を使わないことです。難しい言葉を使うと読むことが嫌になります。ユーザーの離脱率を低くするために、専門用語はなるべく使わず、わかりやすい言葉で言い換えるようにしましょう。
3つめは結論から話すことです。回りくどい言い方をしていると話の先が見えず、ユーザーが離れていってしまう可能性があります。

●記事の構造を意識する
記事の構造は、冒頭、本文、まとめの3つに分けることができます。
冒頭は生地の導入部分にあたり、ユーザーに興味を持ってもらえるようにすることがポイントです。
本文はメインの部分になります。商品の紹介やユーザーの悩みを解決できるような記事を意識することがポイントです。
まとめでは、記事の内容を総括して、ユーザーがどういった行動を取ればいいのかを提示します。

ポイントを押さえながら記事を書くと、SEOに強くなってユーザーを獲得しやすくなります。